会計ソフトバージョン履歴

WorkingPaper会計 1.3.8

摘要削除・画面表示等の不具合修正 2018.04.17
 ◎Deleteキーで該当摘要を全て削除してしまう不具合を修正
 ◎各種印刷画面・画面表示等の不具合を修正

WorkingPaper会計 1.3.7

個別注記表印刷の不具合修正 2018.01.31
◎個別注記表の印刷で、表示通りに印刷できない不具合を修正

WorkingPaper会計 1.3.6

置換機能の変更ほか新仕様・不具合修正 2018.01.17

インストーラーの変更

インストーラーの変更に伴い、新しいWorkingPaper会計ver1.3.6をダウンロードする前に、まずは、旧プログラム(WorkingPaper会計ver1.3.5以前)をアンインストールしていただく必要があります。詳しい手順はこちらをご覧ください。

新仕様・不具合修正

◆仕訳帳・元帳
  • 「置換」機能がOR選択ではなくAND選択になりました。また、「摘要」欄で固定摘要・文字摘要どちらも入力・置換可能にました。
  • 摘要欄において、複数行一括削除(Delete)ができるようにしました。
  • 一括訂正ダイアログに「先頭挿入」ボタンを追加し、摘要欄において、一括で「先頭挿入」ができるようにしました。
  • 「マーク以外選択」機能を追加し、マークをつけていない仕訳行だけを絞り込めるようにしました。
  • 月末日の仕訳を「翌月へ複製」した場合、日付を翌月の月末日にするようにしました。 (例:4/29を翌月へ複製すると5/29、4/30を翌月へ複製すると5/31)
◆貸借バランスについて
  • 「開始残」に、諸口系科目(売上税調整・仕入税調性・売上税諸口・仕入税諸口・複合諸口)は入力できないようにしました。
  • 未完成の仕訳(赤字で表示される仕訳行)は、元帳や試算表等の会計情報や貸借バランスに反映しないようにしました。
  • 貸借バランスは開始残高と仕訳帳のデータの両方を反映したものにしました。
  • 開始残高の修正・編集と同時にバランスが更新されない不具合を修正しました。 

 その他、画面表示の変更など操作性の向上、不具合の修正をしました。

WorkingPaper会計 1.3.5

連続印刷不具合修正 2016.09.16
◎総勘定元帳の連続印刷で、全ての科目で1ページしか印刷していない不具合を修正

WorkingPaper会計 1.3.4

連続印刷不具合等修正 2016.09.07
◎連続印刷ができない場合がある不具合を修正
◎連続印刷の科目リストの表示基準を変更
 メニューバー>ファイル>連続印刷>総勘定元帳>科目指定
◎期中に取引がある科目のみを全て選択して印刷するためのボタンを追加
 メニューバー>ファイル>連続印刷>総勘定元帳>科目指定>取引科目全選択

WorkingPaper会計 1.3

編集取り消し対応ほか会計1.1.1の不具合修正 2015.12.28
◎編集取り消し対応
 メニューバー>編集>取り消し
◎決算情報のコピペ
 メニューバー>帳簿>決算書>決算情報タブ

  • 決算情報の項目にショートカットキー(Ctrl+C, Ctrl+X, Ctrl+V)を使えるようにしました。

◎レイアウトの崩れを修正
 メニューバー>帳簿>試算表-税区分別

  • 仕入タブ・売上タブを選択する際に表組がずれる不具合を修正しました。

◎特定の条件で異常終了する不具合を修正

  • 科目設定シートと適用設定シートを同時に開いた状態でどちらか一方を編集するとWorkingPaper会計が異常終了してしまう不具合を修正しました。

◎IMEモードの不整合を修正

  • 文字摘要入力等漢字入力時にカナ入力になってしまう場合がある不具合を修正しました。

◎システム予約科目の名称を修正不可
 メニューバー>帳簿>科目設定

  • 4111「売上通過」、4209「仕入通過」の項目名を変更不可としました。 
    既に変更していた場合は、変更を破棄し「売上通過」「仕入通過」に戻します。

◎元帳編集時の不具合修正
 メニューバー>帳簿>元帳

  • 全選択(Ctrl+A)で選択すると最終行の空行を含めて1行多く選択してしまう不具合を修正しました。
  • 過去の日付の仕訳を入力すると、入力確定直後に日付ソートされてしまう不具合を修正しました。

◎仕訳帳編集時の不具合修正
 メニューバー>帳簿>仕訳帳

  • 「追加」で仕訳帳の途中に行を挿入、入力、確定させて開業し、反転のの行が表示された後、マウスで他の行を選択すると、追加した行の下の行が2行になって表示されてしまう不具合を修正しました。
  • 摘要が入っていない行を複数行選択し、文字摘要を入力すると「選択範囲を全て変更します」というダイアログが出て摘要修正できなかったのを、摘要入力できるように仕様変更しました。

WorkingPaper会計 1.1.1

会計1.1のバグ修正 2007/04/13
・会計1.0.2以前の旧バージョンから続いている「消費税設定」を使用しているデータを
 「データ変換」した直後に、区分99・100の表示が見えなかったバグを修正。

WorkingPaper会計 1.1.0

会計1.0.7のバグ修正ほか 2006/02/28

新会社法対応

◎新会社法対応するためのデータ変換ボタン追加
 メニューバー>ファイル>データ変換

1 科目設定が書き換わる(1.0.0の科目も変換OK)
2 株主資本等変動計算書
  メニューバー>帳簿>決算書 >「株主資本」タブ 
3 個別注記表
  メニューバー>帳簿>決算書 >「個別注記」タブ
  テキストエディタ。見本のテキストが表示されるので各自文字入力で変更。
4 決算書情報を入力する場所変更
  メニューバー>ファイル>決算書情報 使用できなくなる。
  メニューバー>帳簿>決算書 >「決算情報」タブ

  • 翌年作成した際に、会計期間、決算・監査報告年月日がプラス1年で表示されるようになった。

新規帳簿

◎相手科目集計表

  • メニューバー>帳簿>相手科目集計表  または 元帳>「相手」ボタン>相手科目集計表
  • 相手科目一覧が表示される。デフォルトは「1101 現金」以降、最後に開いた科目が開かれる
  • 科目のダブルクリックで仕訳帳の詳細選択表示

新仕様

◎試算表

  • 「全科目表示」のチェック欄がついた
  • Shift+ダブルクリックで新しい元帳で開く
  • 右クリック>科目設定を開けるようにした


◎帳簿

  • 最小化ボタンが効かなくなった
  • 新規帳簿を開くときは、アクティブな帳簿のコピー(選択などで絞られていたらそのコピー)


◎税区分入力

  • 直接入力で科目を変更したとき、税区分100・99が直接入力できるようにした