社会保険料率について

WorkingPaper給与では、新規作成の際に表記されている保険料率はリリース時の全国健康保険協会管掌の保険料率です。
保険料率が変更した場合、または各健康保険組合に加入されている会社は保険料率を変更してご利用ください。>変更の仕方
 ※ WorkingPaperでは被保険者負担分に円未満の端数がある場合、すべて切捨ての設定になっています。

社会保険料率一覧表

全国健康保険協会管掌保険料率の一覧のため、各健康保険組合に加入している会社はそちらの料率をご参考ください。

  雇用保険 健康保険 厚生年金
健康保険 介護保険40歳以上65歳未満
改定日 給与 賞与 給与 賞与 給与 賞与 給与 賞与
 平成30年3月1日(4月分給与より控除) 都道府県別の料率に移行
料率一覧はこちらを参照
->全国健康保険協会
×0.00785 ×0.00785
  平成29年9月1日(10月分給与より控除) ×0.09150 ×0.09150
   平成29年4月1日(4月分給与より控除) 一般:0.003 一般:0.003
  平成29年3月1日(4月分給与より控除) 都道府県別の料率に移行
料率一覧はこちらを参照
->全国健康保険協会
×0.00825 ×0.00825
  ※4平成28年10月1日(11月分給与より控除) 表引き標準報酬月額表変更31等級
  平成28年9月1日(10月分給与より控除) ×0.09091 ×0.09091
 ※3平成28年4月1日(5月分給与より控除) 表引き標準報酬月額表変更50等級 計算賞与上限年度累計573万円 表引き標準報酬月額表変更50等級 計算賞与上限年度累計573万円
  平成28年4月1日(4月分給与より控除) 一般:0.004 一般:0.004
 平成28年3月1日(4月分給与より控除) 都道府県別の料率に移行
料率一覧はこちらを参照
->全国健康保険協会
 平成27年9月1日(10月分給与より控除)            ×0.08914  ×0.08914
平成27年4月1日(5月分給与より控除) 都道府県別の料率に移行
料率一覧はこちらを参照
->全国健康保険協会
×0.00790 ×0.00790  
平成26年9月1日(10月分給与より控除) ×0.08737 ×0.08737
平成26年3月1日(4月分給与より控除) 都道府県別の料率に移行
料率一覧はこちらを参照
->全国健康保険協会
×0.00860 ×0.00860  
平成25年9月1日(10月分給与より控除) ×0.08560 ×0.08560
平成24年9月1日(10月分給与より控除) ×0.08383 ×0.08383
平成24年3月1日(4月分給与より控除) 一般:0.005 一般:0.005 都道府県別の料率に移行
料率一覧はこちらを参照
->全国健康保険協会
×0.00775 ×0.00775  
平成23年9月1日(10月分給与より控除) ×0.08206 ×0.08206
平成23年3月1日(4月分給与より控除) 都道府県別の料率に移行
料率一覧はこちらを参照
->全国健康保険協会
×0.00755 ×0.00755  
平成22年9月1日(10月分給与より控除) ×0.08029 ×0.08029
平成22年4月1日(4月分給与より控除) 一般:0.006 一般:0.006 都道府県別の料率に移行
料率一覧はこちらを参照
->全国健康保険協会
×0.0075 ×0.0075  
 
平成21年9月1日(10月分給与より控除) 都道府県別の料率に移行
料率一覧はこちらを参照
->全国健康保険協会
×0.07852 ×0.07852
平成21年4月1日(4月分給与より控除) 一般:0.004 一般:0.004  
平成21年3月1日(4月分給与より控除) ×0.00595 ×0.00595  
平成20年9月1日(10月分給与より控除) ×0.07675 ×0.07675
平成20年3月1日(4月分給与より控除) ×0.00565 ×0.00565  
平成19年12月1日 計算 計算 表引き標準月額報酬 計算1000未満切捨 表引き
標準月額
報酬
計算1000未満切捨 表引き標準月額報酬 計算1000未満切捨
×0.006(一般) ×0.006(一般) ×0.041 ×0.041 ×0.00615 ×0.00615 ×0.07498 ×0.07498
端数切捨 端数切捨 賞与上限
年度累計
540万円
賞与上限
年度累計
540万円
端数切捨 賞与上限
150万
端数切捨
平成19年9月1日(10月分給与より控除) ×0.07498 ×0.07498
※2平成19年4月1日(5月分給与より控除) 表引き標準報酬月額表変更47等級 計算賞与上限年度累計540万円 表引き標準
報酬月額
表変更
47等級
計算賞与上限年度累計540万円  
平成19年4月1日(4月分給与より控除) 一般:0.006 一般:0.006  
平成18年9月1日(10月分給与より控除) ×0.07321 ×0.07321
平成18年3月1日(4月分給与より控除) 表引き標準
月額報酬
×0.00615
計算1000未満切捨×0.00615賞与上限200万  
平成17年9月1日(10月分給与より控除) ×0.07144 ×0.07144
※1平成17年4月1日 表廃止計算A:0.008B:0.009端数切捨 表廃止計算A:0.008B:0.009端数切捨  
平成17年3月1日(4月分給与より控除) ×0.00625 ×0.00625  
平成16年10月1日 表引き表外はA:0.007B:0.008 表引き表外はA:0.007B:0.008 表引き標準月額報酬×0.041 計算1000未満切捨×0.041賞与上限200万 表引き標準
月額報酬
×0.00555
計算1000未満切捨×0.00555賞与上限200万 表引き標準月額報酬×0.06967端数切捨 計算1000未満切捨×0.06967端数切捨賞与上限150万

 

※1 
今まであった「雇用保険一般保険料額表」は平成17年3月31日をもって廃止となります。
それに伴い被保険者の負担する雇用保険料額は、被保険者の賃金総額に上記雇用保険料率を乗じて得た額となります。

※2
給与:健康保険料の標準報酬月額は「第1級(98,000円)から第39級(980,000円)から、上限下限にそれぞれ4等級追加され
   第1級(58,000円)から第47級(1,210,000円)に拡大されます。
賞与:賞与上限が1月あたり200万円から 年度(4月から翌3月まで)の累計額 540万円

 ※3
給与:健康保険料の標準報酬月額は「第47級(1,210,000円)」の上に、第48級から第50級の3等級が追加され、
   上限が引き上げられます。
賞与:賞与の年度(4月から翌3月まで)の累計額が540万円から573万円に引き上げられます。

 ※4
厚生年金保険の標準報酬月額が「第1級から第31級まで」の31等級に改定され、下限(1等級)が88,000円となります。